剣盾s35 最終22位

こんにちは。たなけーと言います。

今回は剣盾のランクマッチs35で使用した構築を紹介します。

使用構築

 

構築経緯

このルールにおいてはカバルドンバンギラスなどの砂嵐を撒いてくるポケモンや、ヌケニンに打点のあるザシアン、カイオーガが少ないと思っていたためヌケニンが環境に刺さっていると思い、またヌケニンと相性がよく使い慣れているジガルデがヌオーのいない電磁波環境ならそこそこやれると思ったのでジガルデヌケニンから組み始めた。

 

ヌケニンを使う上できつくなる相手は、①イベルタルグラードン、バドレックスなどヌケニンに打点があって受けるのが難しいポケモン、②砂起こし、③ステロ撒き(厚底ブーツじゃない時)の3つになってくると思うため、それに対抗できるように裏のポケモンを考えた。

 

①に関して考えた時、ヌケニン厚底ブーツで採用して選出する場合安定した引き先を用意するのは不可能で、ザシアンカイオーガイベルタル・バドレックス・グラードンという環境の基本的な並びに対してヌケニンを出すか出さないかの選出択を毎試合するのはあり得ないと思ったので、ヌケニンは襷で採用。

②、③に対しては初手に来ることが多いため、それらを上から一撃で倒せて且つ、ほぼ全ての相手に対して対面勝てる球ディアルガを採用。

また、初手に来ないステロ撒きはHBゴツメランドロスしかいないと思い、誘い殺しができて無難に強い氷の牙ザシアンを採用。

 

ディアルガを初手から出す動きをした時、シンプルに強い駒を並べて対面的に勝てるならばそれが一番安定するためザシアンと相性が良くて対面的にも強いスカーフカイオーガを採用。

 

この5体で割と戦えてはいたが、ヌケニンに黒バドやイベルタルを合わされると襷だとしてもきつい展開になることがあったので、チョッキイベルタルを採用

→ホウオウに対する引き先がいなくて困ったのでチョッキ鳳凰に変更

 

最終日まではジガルデの型をHDSサウザンアロー,蛇睨み,蜷局を巻く,身代わり@残飯で使っていたが、身代わりを打つ機会があまりないと感じた。

身代わりを採用する理由としては、①麻痺を入れた後の麻痺待ち、②急所による負けを減らせる、③裏のポケモンの技を1度回避して行動できる、の3点が挙げられるが、

①に関しては強い動きとは思っていないし、②に関しては試行回数をそこまで稼がない行動を取ることで回避可能であり、③に関しては上から行動できれば実質同じことなので、竜舞を入れることで身代わりの役割を果たしつつ抜き性能も上げられると思い、努力値調整や持ち物は変えないで身代わりを竜舞にした。

 

ジガルデに竜舞入れたことでHBランドロスをカモりやすくなったが、鳳凰ナットが少しキツくなったのでザシアンをインファワイボにして完成。

 

個体紹介

ジガルデ@残飯

特性 スワームチェンジ

213(236)-120-141-*-146(140+)-132(132)

サウザンアロー/蛇睨み/蜷局を巻く/竜の舞

 

いつもの調整。耐久のあるジガルデの竜の舞が本当に強くて、グラードン,ネクロズマ,ランドロスなどの前で積むことで裏からくるカイオーガやザシアンの上からダイアースを押して、1匹で詰ませることもザラにある。蜷局を巻くもあるため、BもDもめちゃくちゃ硬くなる。身代わりは相手の攻撃が弱くて身代わりが耐えるなら十分強いが、火力が高くて身代わりが相手の攻撃を耐えない場合、ただ自身のHPを削るだけなのでジガルデのような瞬間火力を出せないポケモンで貼るのは強くないと思う。

調整はもっといいのあるとは思うけど、考える時間もあまりなかったのと、調整このままでも強すぎたため、変えずに行った。

 

ヌケニン@気合の襷

特性 不思議な守り

1-156(252+)-49(0-)-*-50-92(252)

ポルターガイスト/影打ち/鬼火/堪える

 

構築の組み始め。このルールにおいてこのポケモンの刺さりがエグすぎた。襷を持たせることによって堪えると合わせてイベルタルダイマターンを一匹で枯らしたり、物理特殊の判別ができる。鳳凰がいない構築に対しては、ザシアン、カイオーガに投げて鬼火かポルガイをうつだけで爆アドが取れる。初手に来るステロ撒きグラードンディアルガに対しても、グラードンは鬼火を打ってジガルデの起点にしたら勝てるし、ステロ撒きディアルガヌケニンに打点がないので、ポルガイで削りながら裏のポケモンにも削りか鬼火を入れられるので問題なかった。最終日はカバルドン,バンギラス,鳳凰,ムゲンダイナがいない構築には8割くらい投げた気がする。

Bの個体値が0じゃないのは甘えで、メタモンが影打ち25%で耐えてくるんですが、メタモンにコピーされて影打ち耐えられて負けた試合はないので許してください。

 

ディアルガ@命の球

特性 プレッシャー

176(4)-*-140-222(252+)-120-142(252)

時の咆哮/吹雪/大文字/破壊光線

 

破壊神。初手に出してダイマックスしてるだけで舐めたサイクルをしようとしてくる相手の構築を壊滅状態に陥らせてた。吹雪は初手のステロ撒きを葬り去るために確定で、ゼクロム,キュレム,ムゲンダイナに対する打点や、鳳凰サイクルに対して一貫する技として採用。ナットレイ意識として大文字を入れたが、これによってザシアンルギア対面技が透かされることがなかったり、ネクロズマに対して積む空きを与えないため使いやすかった。イベルタルに対面ダイマの切り合いで勝てるようになるし、身代わりザシアンが増えていたので前期は破壊光線は球ディアルガを使うにあたって必須だと感じた。

 

カイオーガ@こだわりスカーフ

特性 雨降

175-*-111(4)-202(252)-160-156(252+)

潮吹き/雷/冷b/電磁波

 

なんだかんだいっつも構築に入ってるやつ。上から圧倒的火力で制圧できるのが無難に強い。ザシアンとの相性もよし。黒バドがスカーフよりも襷を持ってることが多かった気がするのでより刺さってた。

 

ホウオウ@突撃チョッキ

特性 再生力

204(180)-200(252+)-110-*-174-120(76)

聖なる炎/ブレイブバード/地震/マジカルフレイム

 

イベルタル,黒バド,鳳凰あたりを誤魔化す。チョッキ鳳凰というポケモンを初めてちゃんと使ったが、鳳凰ナットサイクルも崩しに行けて、黒バド相手に後出しからマジカルフレイムを打ち、Cを上げさせないということもでき、火傷の圧で安易な後出しを許さなかったりかなり強かった。

 

ザシアン@朽ちた剣

特性 不倒の剣

189(172)-244(252+)-135-*-135-179(84)

巨獣斬/ワイルドボルト/インファイト/電光石火

 

マーシャドー+2、A特化。火力耐久素早さ全てが高くてずるい。鳳凰ナットサイクルを1匹で破壊できるので楽しかった。ヌオーがいない環境のザシアンの強さにビビった。

調整はもっとA削って耐久に回した方がいいけど、考えるの大変だったので脳死A特化で使ってた。

結果



後書き

剣盾最後のちゃんとしたシーズンということもありめっちゃ頑張って1位目指していて、最終日の8:00まで1位だったり、そこから1勝2敗で8:35くらいに3位だったりと、最終1位まであとちょっとのところまで来ていたために、そこから負けてしまってめちゃくちゃ悔しかったです。とはいえ、最後の最後まで上の方で戦えて、9:00が近づいてきた時の緊張感の中潜って戦うことができたのはいい経験になったので、またSVでも頑張りたいと思います。ここまで見てくださりありがとうございました。