リアルマスターズ8 対シグマさん戦解説

構築

前期の僕の構築

https://tanakpoke.hatenablog.com/entry/2022/07/01/215223

ナットレイの電磁波→ステルスロック、ザシアンのHを3削ってSに回した。

 

 

選出 ジガルデ、ナットレイガオガエン(全部これ)

カイオーガ、ドラパルト以外に強く出れるのでジガルデ、カイオーガがやばいためナットレイ、ドラパルトに投げたり、ネクロズマに対するクッションのためガオガエン

ガオガエンの枠はバンギラスを考えるとザシアンの方が良かったと思うかもしれないが(特に白いハーブが分かった2,3試合目)、

 

ドラパルトが鬼火祟り目だと思ったし実際そうだったため、ガオガエン投げないと全員鬼火入れられてゲームが終わる。ドラパルトがアタッカーだとしても+1球ダイホロウでザシアン死ぬ。A特化ネクロズマに対してガオガエンいないと竜舞→スチルで全員破壊されるため、ガオガエン+ジガルデって投げないとネクロズマは見れない。

などの理由からこの3体しか投げれなかった。

 

1,2試合目はほぼバンビーさんの解説通りなため省略。

 

3戦目

カイオーガナットレイあと投げ→宿木の種  

 ここは交代考えてもこれしかできない

 

ナットレイステルスロック  

 割とこの場面もう一度潮吹きで突っ張られること多かったため宿木押したくなかった、タネマシンガン打ってサンダー来るとめちゃくちゃきつい、ため中間択のステロ撒きをした。ここは少し浅かったかも。ステロ撒けても結局カイオーガがきついことには変わりなかったからシグマさんがカイオーガのhp残して引くのを信じて宿木押すべきだった。

 

バンギラスに対して、ナットレイガオガエン

 ここはナットレイのジャイロボールでASバンギラスが乱数1発で落ちるくらい入るため、相手視点も炎のパンチ打ちたいだろと思ってガオガエン引き。結果的に竜舞されたが動画を見るとシグマさんのバンギHAだったっぽいので相手視点は択ではなく、そこそこ安定の竜舞だったのかも。

 ここジャイロか宿木押す勇気はなかったが、押せてたらかなり試合は変わってたと思う。(ちなみに、白いハーブのことを少し忘れてて割と焦ってました。BO3形式ちゃんとするの初だったのでボロが出た)

 

ガオガエン→ジガルデ(1回目)

 これは流石に通る

 

ジガルデ→ガオガエン

 ここも1回目は様子見の意味を込めて

 

ガオガエン→ジガルデ(2回目)

 これしかできない

 

ジガルデでダイアース

 ここが一番ありえない行動。間違ってバンギラスに火傷が入った状態でダメ計をしてたため、相手の氷技を余裕をもって耐えると勘違いしてしまっていた。普通に考えればダメ計の結果がおかしいと分かったはずなのに、自分で考えずにただダメ計の画面に表示された数字を信じてダイマックスを切ってしまった。マジでばか。

 正解の行動を考えると、相手視点龍舞がかなり安定よりなので蛇睨みが一番勝ち筋追えてる。麻痺が入った状態では、ナットレイやジガルデ対面で悠長に龍舞を押すのは躊躇われると思うから(1回痺れたら無償突破されかねない)、ガオガエンを絡めた威嚇サイクルがかなり有効に働いて、ガオガエンのHPとナットレイのHPが追加で3,4割くらい削れた状態でバンギラスをA-1状態くらいにはできたと思う。

 

バンギラスが冷凍パンチ、ジガルデがダイアース

 ここは流石に相手のプレミだと思う。相手が何を考えたのかは分からないが、ダイアイスで試合は終わっていたため、なんか繋がった。

 

カイオーガ、ジガルデ対面でダイウォール→ガオガエン引き

 カイオーガの攻撃をダイマ状態1発+ダイマなし状態1発は流石に耐えなかったが、ダイウォールを打ってダイマが切れると、ジガルデのHPが130くらい残ってた。なんと、特化カイオーガのダイストリームがD+2ジガルデに対して最大で117ダメージしか入らないため、ダイストリームを選択された場合蛇睨みを入れることができた。

 相手視点こっちのジガルデの交代はほぼ考えないと思うし、麻痺を入れられてしまうと、多分裏サンダーなので運次第ではジガルデで負ける可能性がある。ということからダイアイスを打つだろうという読みでガオガエンを投げた。これが決まっていれば、カイオーガダイマックスが切れた状態でナットレイを投げられ、宿木の回復量と乱数次第ではわんちゃん勝てた。

 結果としては蛇睨み→ガオガエン切り→ナットレイで宿木連打→ジガルデで麻痺したオーガ、サンダーを貫くが正解だった。

 

 

 

 

S31 最終9位 ジガルデザシアン

初めまして、たなけーといいます。

今回はS31で自身初の最終1桁を達成できたので構築を紹介したいと思います。

 

構築経緯

 いつも通りランクマッチの終盤になると、ザシオーガ、バドザシが増えて、それに加えて今季はバド鳳凰みたいなのも増えると思ったので、それらに有利を取れるジガルデを使おうと考えた。

 S30において、「ジガルデ」「スカーフミミッキュ」「襷メタモン」 の組み合わせを使用し、「ジガルデ」「メタモン」「起点作成要因」の組み合わせが幅広い相手に対して出していけると感じたため、ジガルデ、メタモンを採用。

 スカーフ持ちによるトリックや電磁波などの起点作成はうまく使えれば強いですが、ザシアンというトリックが効かない相手や地面タイプの存在により毎試合択を合わせる必要があり、あまり安定しなかったので、こだわりアイテムを押し付けるのではなく相手の能力値を下げることによって起点を作れるポケモンを使おうと考え、技、特性共に優秀であるガオガエンを採用。

 ガオガエンを合わせてもジガルデを通す上できついポケモンに対してある程度は誤魔化せるように、カイオーガを流すことができてある程度の汎用性があるナットレイ、ヌオーや中途半端な火力のポケモンなどに圧力をかけられるゴチルゼル、氷、妖、竜タイプやイベルタルなどに対して強く出れるザシアンを採用して完成。

 

個体解説

 ジガルデ@残飯

 慎重 H236 D140 S132

 サウザンアロー/とぐろを巻く/身代わり/蛇にらみ

 

 構築の組み始め。積む隙を得られればめちゃくちゃ固くなって、相手の構築を一匹で破壊することもザラにある。蛇にらみからの麻痺待ちは、ほぼ負けの状況をワンちゃんひっくり返せるのはとても強いが、なんとなくでやってるとただHPを損するだけになるのでなるべく麻痺痺れに頼らないようにする。

 

 メタモン@こだわりスカーフ

 

 最強のポケモン。イベザシやバドザシに対してはほぼ選出し、破壊してた。

 

 ゴチルゼル@カゴの実

 図太い H252 B252 D4

 アシストパワー/コスモパワー/眠る/挑発

 

 ヌオーに圧をかける枠。このポケモンがいるだけで相手のヌオーの選出率がガクンと下がるため、ザシアンやジガルデ、メタモンを通しやすくなった。また単体でもNo Weaponルギアやhbムゲンダイナに対してもこのポケモンを投げるだけで終わったり、ガオガエンの捨て台詞と合わせることでかなり広い範囲のポケモンを詰ませることができて強かった。

 

 ナットレイ@オボンの実

 生意気 H252 B4 D252

 ジャイロボール/タネマシンガン/宿木の種/電磁波

 

 カイオーガ受け。と言っても、潮吹き3発で死ぬためかなり扱いがシビアだった。カイオーガナットレイを投げたあと、打つ技によっては負けに直結するため結構厳しいサイクルを強いられて、この構築で一番使うのが結構難しかった。この枠はガマゲロゲとかの方がいいかもしれないがゼルネアスに対してもザシアンだけだと不安なので難しいところ。

 

 ガオガエン@イバンの実

 慎重 H244 B164 D100

 A+-0特化ザシアンのインファ確定耐え

 フレアドライブ/DDラリアット/鬼火/捨て台詞

 

 仕事人。めちゃくちゃ腐りにくくて使いやすい神ポケだった。黒バドに対して安心して投げれたり、初手においてランド、ザシアン、球ジガルデなどに鬼火入れながらちょうどイバンの実を食べれるようになったりする。鬼火をあまり外さなかったのも最高だった。

 

 

 ザシアン@朽ちた剣

 意地 H212 A236 S60

 巨獣斬/ワイルドボルト/炎の牙/氷の牙

 

 タイプ受けサイクルを破壊する犬。ジガルデがきつい相手に対しては巨獣斬があれば割と足りてるから、技範囲を広げて鳳凰ランドナットやらを崩壊させるつもりだったが、最終日は相手がみんなどの技もケアしてきたから割と択にはなってしまった。ヌケニンとほとんどマッチングしなかったのは残念。

 

選出・立ち回り

取り巻きによって変わるが、多かった選出(初手が一番左)

vsバドザシ  メタモン、ジガルデ、ガオガエン

 ヌオーがいる場合は、ゴチルゼル@2で勝てそうならそれで行くが、厳しそうなら、上の選出で初手のザシアンをコピーして巨獣斬を連打した。相手はヌオーでゴチルを釣ってザシアン出す可能性の方が高めなので、ザシアンを倒してからジガルデでTOD。こっちがヌオー釣るか悩んでる感出すために、初手メタモンは15秒くらい待ってから巨獣打ってた。

 

vsザシオーガサンダー  ガオガエンナットレイ、ジガルデ

 初手カイオーガが来がちだが、ナットレイから出してインファザシアンと対面するとgameoverなので、ガエンから出すのを徹底した。ナットレイカイオーガを引かせて、ナット引きに合わせてカイオーガ投げられることだけは無いように気をつけてジガルデでダイマして頑張る。

 

 vsイベルザシアン  ガオガエン、ザシアン、メタモン

 初手ガオガエンで対面操作をして、ザシアンで殴って相手のザシアンをコピーして殴る。ヒヒダルマとかいるとちょっと嫌。イベルザシアンのほとんどのザシアンがメタモンの巨獣耐えてくるため、HP満タンの威嚇とか入ってないザシアンにはザシアンから入る。

 

vsザシ鳳凰ランドトドン  ガオガエン、ジガルデ、ザシアン

 ランドが初手に来がちなのでガオガエンで鬼火打ってジガザシで押し切る。再戦がまあまああったため、ランドの持ち物がわかってれば違う行動取ったりもした。

 

 vsイベルネクロ  ザシアン@2(ジガルデ多め)

 イベルタルにザシアンを合わせて裏に引かせつつ、ジガルデで削りを入れてく。相手のイベルタルに先にダイマを切らせてしまえば、ダイマを枯らした後にメタモンでコピーして勝ちという試合も結構あった。ガオガエン、ジガルデの2匹を投げる場合、ネクロズマに対してはガオガエンを投げて捨て台詞を打つことで相手の攻撃が上がらないため、持ち物が分からない状態では安易に鬼火や蛇にらみを打つことをせずにガオガエン投げ→捨て台詞を繰り返した。

 

きついポケモン

ウーラオス  

 ザシアン@2になるが、ダメージレース負けるのできつめ。

ダイマディアルガ、レシラム 

 メタモンザシアンジガルデと投げて、メタモンで技を見て相手の打つ技を読んでダイマターンからすしかない。

メテビダイナ 

 初戦は完全に切る。再戦で分かってる場合はメタモンを絡めるしか無いがほぼ無理目。

 

結果

最終9位 レート2061

 

後書き

 禁止伝説2体環境で、2~5月の4ヶ月間1度も2000に乗れておらずとても辛かったので、結果を出せてよかったです。また、今までのルールで2000乗った月は全部レンタルパ使ってたので、自分で組んだ構築で勝てたという意味でもよかったです。このルールでは後2ヶ月ですが、また良い結果を出せるように頑張りたいです。ここまで見てくれてありがとうございます。

 レンタル載せとくので、興味があれば使ってみてください。